7月子宮頸がんワクチン接種のお知らせ

2020年10月12日|カテゴリ:お知らせ
  1. 当院では、新コロナ感染予防の為なるべくご来院回数を1-2回と減らす事で、患者様同士の感染予防を心掛けております。

また、子宮頸がんワクチンは2価、4価、9価があります。

2022年4月より子宮頸がんワクチン接種補助金が、国から発行予定となっております。年齢制限がありますので、ご確認の上子宮頸がんワクチン接種予約を受付しております。

当院では、16価:18価に強いサーバリックスを推進しております。

また、シルガード子宮頸がんワクチン接種(9価)は、日本では、保険適応外のためご希望の方は、当院090-3210-9737,又は、03-3467-4608までご連絡下さいませ。

 

online診療は、産婦人科の場合きちんと診療を行いにくいため当院は、感染に十分注意し、妊娠なさっている方も新型コロナワクチン接種を推奨して、診察をさせていただいております。

まずコロナ変異株オミクロン予防第3回目の予防接種をなさり、2週間後あけ、子宮頸がんワクチン接種を推奨しております。

ご希望の場合子宮頸がんワクチン接種も当院では、予約受付しておりますのでお問いください。

コロナ変異株オミクロン予防、3回目のコロナワクチン接種の前に早め早めに効率良くワクチ接種を有効に安全に接種することで、安心なライフスタイルをお過ごしください。

妊娠中の方や妊娠をご希望のにも安全なワクチン接種を当院では推奨しております。ワクチン接種、ご相談は、全員女性医師、女性スタッフだけで丁寧に診療しておりますので、ご相談ください。

子宮頸がん検査や乳がん検診、妊娠検査、妊婦検診、人工妊娠中絶手術等、ご受診の回数を減らす事で、感染予防に務めております。

コロナ感染予防消毒等の為お待たせいたしますか、1回の診察で的確な安心丁寧な診療を心掛けております。

テレワークや外出制限で人と人との気薄な関係な時代ΝewNORMALな生活の時、思いついたらお気軽に受診くださいませ。予約制!ではありませんので、診療時間内は、随時受診受付しております。

今後も新コロナ変異株などに向けて厳重な感染予防を心掛けください。

全ての診察、妊娠検査、性病検査、人工妊娠中絶手術、不妊症、ピルOC説明投薬、性交障害、更年期障害などのご相談は、女性医師たちが行っております。

ご不安な方は、当院女性診療科にて、ご相談させていただきます。

男性医師の診察はありません。

4月から、大学病院から子宮頸がん検診中心に、新たに女性医師が、金曜日午前診療いたます。丁寧に子宮頸がんや若い世代の月経前症候群PMSや月経困難症、梅毒、クラミジア等性病等の診察をいたしますのでご相談下さいませ。

人流増加により新たにコロナ変異株コロナ感染が高まる可能性がある為ご来院前に、必ず、検温なさり、マスク着用、手袋着用にてご受診くださいませ。また、可能な限りコロナワクチンや子宮頸がんワクチン接種をなさってください。

2022年新しく当院リニューアルオープン致します。ニューノーマルな時代にあった診療を心掛けておりますのでその間ご迷惑おかけいたしますが、宜しくお願い致します。(コロナ下備品不足のためリノベーションに遅れが生じております。)