婦人科診療QA:産科診療QA

2020年12月10日|カテゴリ:未分類

Q:婦人科online診療していますか?

Á:現在行っておりません。

結論は、online診療は、ご相談なさる事は可能ですが、産科婦人科の場合は、検査が必ず必要です。内科とは違いモニターをとうして、女性特有なデリケートナ相談や診察が難しい為ご来院が大切です。

婦人科の場合早期発見早期治療が大切です。

適切な検診のもと的確な診断の上治療をさせていただきます。勿論当院では、第3波新コロナ感染予防の為検診回数をできる限り減らし対応しておりますのでご来院ください。

最近は、テレワークで、人との関わりが減少しておりますので、感染に厳重注意をさせていただき、直接患者様と対応する事で、デリケートな女性診療科を心掛けております。

当院は、新コロナ感染予防に努めて早期発見早期治療を心掛けております。

検査結果異常な場合は、高度医療機関日赤医療センターや虎ノ門病院、有明癌けん3病院を中心に迅速な医療連携をしております。

 

Q:子宮頸がんや乳がん検診はいつでも受診できるの?

ご自身のご都合の良い時間に随時ご来院ください。予約制ではありません。診療時間内は、何時でも受付しております。感染予防の為、消毒に時間がかかり、お待たせする場合がありますが、ご協力お願い致します。勿論世田谷区の子宮がん検診や乳がん検診券も予約無しで、いつでも受付しております。

ご自身による子宮がん簡易キットやクラミジア等性病検査キットは、採取部位によっては結果が、異なる場合もありますので、ご注意ください。

 

Q:生理が遅れている場合妊娠検査は、いつでもできますか?

A:予約生理日から、4-7日後にご来院くだされば、妊娠検査いつでも可能です。ご不安な方は、パートナーもご一緒にご来院なさってください。

 

Q:生理痛がひどい場合診察は、いつすればいいの?

A:生理終了後にご受診ください。痛みのより少ない診療を行っております。

女性医師達が丁寧な問診の後診察致します。

産科、婦人科検診必要な検診を迅速に随時行っておりますのでまず検温、マスク着用にてご来院くださいませ。

Q:生理不順で、卵巣嚢腫と言われました。今後妊娠に影響しますか?

A:卵巣嚢腫は、機能性卵巣嚢腫や多嚢胞性卵巣症候群PCOS等の良性腫瘍の他、中間郡、悪性腫瘍等があります。早めにご来院なさり、超音波検査や血液検査で判断できます。

QA;妊娠検査や妊婦検診はいつでも受けれますか?

A:予約制ではありませんので、いつでもご受診ください。

予定日なのに、生理が遅れていたり、胸のはりが強く、気持ち悪さを感じたら、まず、市販妊娠検査薬をお試しください。結果が陽性なら、お早めにご来院ください。

妊婦検診は、定期的に行い、世田谷区の妊婦検診券が、使用できます。

Q:他院でビル使用していましたが、体にあわない場合の対応は可能ですが?

A:可能です。ビルは、lep/ep低用量やミニビルなど、種類も沢山あります。乳がん家系や子宮癌、子宮筋腫、子宮内膜症などの既往を確認後即時ビル変更可能ですのでご相談ください。

Q:最近性交痛や、オリモノが多く不安です。どんな検査が、必要ですか?

A:子宮内膜症や性病、また、卵巣嚢腫などが、原因の場合があります。超音波検査などで、状態を調べます。

Q:緊急避妊は、いつでも対応する事はできますか?

A:当院では、即時対応致します。ご不安な方は、パートナーとご一緒にご来院なさり、より避妊効果のある安全な治療を致します。

新コロナ感染予防のため受診前必ず検温なさり、マスク着用にてご来院なさってください。

男性医師や男性スタッフはおりませんので、ご気軽に受診ください。