婦人科癌、子宮ガン、乳ガン、卵巣ガン

2018年10月31日|カテゴリ:未分類

子宮癌検診は、子宮頸ガン、子宮体ガンの2種類あります。それぞれ検査法が異なります。
子宮頚がんは、HPVヒトパピローマというウィールスによりsexで感染が生じます。早めに検査で早めの治療で予防出来ます。一方子宮体がんは、閉経前後、肥満傾向、不妊、などの方が生じやすいと考えられています。出血があるかたは、お早めに婦人科にて、検査を受けてください。
卵巣ガンは、無症状で、わかり辛い病気です。定期点な超音波検診で発見できます。

婦人科のガンは、早期発見により治療がより効果的に身体に働きます。