子宮がんについて

子宮は、女性にしかない特別な臓器のひとつです。この子宮の入り口付近、「子宮頸部(しきゅうけいぶ)」にできるがんを、「子宮頸がん(しきゅうけいがん)」といいます。
子宮頸がんになった場合、子宮や子宮のまわりの臓器を摘出しなければならなくなることがあります。たとえ妊娠や出産を望まない女性であっても、後遺症が残り仕事や生活に影響するなど失うものは多大なものです。また、がんがもっと進行してしまった場合は、生命そのものに対して重大な影響を及ぼすおそれがあります。
しかし、子宮頸がんは原因やがんになる過程がほぼ解明されている、予防ができるがんです。また、定期的に検診を受けることで、がんになる前に発見し、子宮を失わずに治療することが可能です。
なお、子宮にできるがんには、他にも、赤ちゃんが育つ「子宮体部(しきゅうたいぶ)」にできるがんがあり、「子宮体がん(しきゅうたいがん)」別名「子宮内膜がん(しきゅうないまくがん)」と呼びます。一般に「子宮がん」というと「子宮体がん」をイメージする方が多いのですが、この2種類のがんは、原因や発症しやすい年齢・特徴・治療法などが違うため、それぞれについて正しい知識が必要となります。

婦人科系のがんの発症率について

『がん』と聞くと、身近な家族や親戚にがんになった人がいるとなりやすいというイメージがありますが、子宮頸がんは遺伝などに関係なく、性交経験がある女性なら誰でもなる可能性のある病気です。
近年では20代後半から30代に急増、若い女性の発症率が増加傾向にあります。子宮頸がん(しきゅうけいがん)は、女性特有のがんの中では乳がんに次いで第2位を占めており、特に20代から30代の女性においては、発症するすべてのがんの中で第1位となっています。

婦人科領域のがんの発症率推移(20~39歳の日本人女性)


国立がんセンターがん対策情報センター、人口動態統計(厚生労働省大臣官房統計情報部編)

子宮がん検診(腰痛、不正性器出血等症状があればすぐ受診を)

各疾患ごとに腹空鏡、開腹手術などの必要があれば、関連病院である、日赤医療センター、がん研有明病院、虎ノ門病院などの高度医療機関、各分野での専門医へご紹介を迅速にさせていただいております。

子宮頚部がん

20歳から徐々に増加。子宮の入り口付近(頚部)の粘膜に発症するがんのことで多くは性感染症であるHPV(ヒトパピローマウイルス)が関与しております。HPVには高リスクタイプで子宮ガンになり易いタイプと、低リスクタイプで自然に消えてしまうウイルスがあります。(聖路加病院、人間ドック婦人科子宮頚がん 検診のFOLLOW UP も当院にて行っておりますのでご相談下さい)

最近、子宮頚がんでは腺がんという型が増加中です。詳しいがん検診を産婦人科専門医で受診の上、子宮頚がん予防効果が強い2価ワクチン「サーバリックス接種」を安全に受けて下さい。

その他の性病(クラミジア感染症や淋病)により炎症がひどくなることがあります。早期に受診なさり、早期発見早期治療が大切です。検査法は、頚部の細胞を擦り取り調べる細胞診、状態を確認するコルポスコープ、HPV検査等があります。(全て痛みのない検査で数分で終わります)

HPV(ヒトパピローマウィルス)のワクチンが認可されましたが、性行為開始前(10歳以上)のワクチン接種がより有効とされております。接種後は、SEXによるウィルス性感染症(尖圭コンジローマ、子宮がん)に有効な予防と考えられております。
性交のある場合で子宮頚がんワクチン接種ご希望の方は、子宮頚がん検診後、異常が無い場合の方のみ対象とさせていただき接種いたします。

子宮頚がんワクチンサーバリックス接種は接種後の抗体維持が4価ワクチンに比べ長いといわれております。HPV ヒトパピローマウィールス感染16,18型の感染の予防、子宮頚がん発生予防に効果がありますのでご相談下さいませ。これから妊娠ご希望の若い世代はもちろん40代の方までワクチン接種することが大事です。

※子宮頚がんワクチンは、当院では予約制となります。(子宮頚がんワクチン2価.4価の2種類があります。)
ご予約はお電話にて承っております。
TEL:03-3467-4608

子宮頸部がんとは

子宮の入口に発生するがんです。発生年齢は20歳をすぎてから徐々に増加し、30~40歳代でピークとなります。最近とくに、20歳代で増加傾向にあり、子宮頚部異型性という状態から変化してしまうことがあります。

子宮頸部がんにかかりやすい要因としては、性交渉が関わっていると考えられています。子宮頸部がんの多くは性感染症であるヒトパピローマウイルス(HPV)が関与していることが明らかになっています。

※当院ではHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンによる子宮がん予防を実施しております。
予約制ですので、お電話にてお問い合わせください。
TEL:03-3467-4608

子宮体部(子宮の中)のがん

子宮体部(子宮の中)の内膜から生じます。妊娠出産経験・肥満や高血圧・糖尿病の女性で要注意となり、最近増加しております(未出産の50代に多く発生しております)。閉経後の不正出血などの症状に注意し、健診なさってください。
内膜の細胞を取る検査で、少量出血や幾分痛みを伴うこともございます。

子宮体部がんとは

内膜がんともいわれ、子宮の内膜に発生します。閉経後の50~60歳代で多く診断されています。下腹部痛、少量の不正性器出血など、症状がわかりにくいこともあります。日本では、最近は増加傾向にあります。

子宮体部がんにかかりやすい要因としてはホルモンの影響体質、肥満、妊娠出産経験がない・少ないなどといったことが関係しているといわれています。

子宮頸部がんとヒトパピローマウイルス(HPV)とは

ヒトパピローマウイルス(HPV)は性交渉で感染するウイルスで100種類近くあり、そのうち10数種類が子宮頸部がんと関係があります。10~20歳代の女性でも性交渉の経験があれば、そして性交渉の相手が多ければ多いほどHPV 感染の危険が増えるので、リスクも高くなります。特にHPV18型は子宮頚がんの中でも治療しずらい腺がんに、以降する場合があります。

※2011年1月よりHPVワクチンの接種を当院で開始致します。ワクチン接種により子宮けいがんの予防効果が得られます。
ご希望の方は、お問い合わせください。

TEL:03-3467-4608

少量でも不正性器出血があったらすぐに医療機関で受診しましょう。

子宮体部がん検診の方法は体部細胞診が一般的です。体部がんの場合は症状が進行していない段階での不正性器出血で発見するケースが約90%といわれています。少量でも不正性器出血があったら、すぐに婦人科を受診しましょう。早期発見・早期治療が可能となります。