産科検診・検査

産科検査について

最近初産年齢が30代となる人が多いため、産科を検査する産科診断産科超音波4D(最新四次元超音波)、パワードップラー、パルスドップラーを組み合わせリアルタイムの胎児および胎盤状態を検診しております。
母体管理はもとより、必要に応じ血液検査・羊水検査により胎児の状態を調べたり胎診断学をさらに高度医療センターに随時依頼しております。
当院ではまず、血液検査にてDOWN症等を調べ、必要があれば,羊水検査をご紹介いたし、精密に受診していただいております。

妊婦健診は3~4週間に一度、母体自身の健康状態と胎児自身の状態を4D超音波(最新4次元超音波によりリアルタイムで妊娠時における胎児の状態の描出)、ドプラー検査、内診、血液検査などにより確認します。

>>>「4D超音波検査」ページへ

日赤医療センターとセミオープンシステムを行っております

当院では、妊娠後期まで管理致しまして、日赤医療センターをはじめ虎ノ門病院を中心に出産される病院を迅速に予約制にてご紹介させていただいております。
また、帰省分娩、立会い分娩、無痛分娩に関しても当院で健診させていただいております。

※妊婦健診は平日am9:00~10:00(午前)またはpm2:00~3:00(午後)の外来受付時間となります。
土曜日は都合上詳しく妊婦健診ができかねるため、受付できませんのでご理解下さい。

妊娠中の血液検査について

お母さんと赤ちゃんが健康に過ごせるように、妊婦検診中に以下の検査を行います。

妊娠中に行う血液検査

  1. 第1回セット検査(妊娠12週頃)
    血液型検査・甲状腺機能検査・血糖検査・不規則抗体
  2. 貧血検査・感染症検査
    (梅毒血清反応・B型肝炎ウィルス・C型肝炎ウィルス・トキソプラズマ・HIV・風疹)
  3. 貧血検査・妊娠糖尿病検査(20週前後)
  4. 貧血検査・不規則抗体(30週前後)
    Rh不適合以外にも赤ちゃんとお母さんの血液型の違いによって、まれに赤ちゃんの血液に対して抗体ができることがあるため不規則抗体の検査を行います。
  5. 子宮頚部細胞診(子宮頚ガン検査・妊娠初期)クラミジア・淋病・B群溶連菌感染症
  6. 超音波検査
    赤ちゃんの発育状態、胎盤や臍帯の状態、羊水量など多くの情報が得られます。
  7. 乳房の診察(妊娠16週と35週頃)
    母乳育児のスムーズなスタートのためには妊娠中からのケアが大切です。
  8. NST検査(34~36週頃より2週に1回程度)
    赤ちゃんの心拍数と子宮収縮を約40分間モニターします。
  9. 内診(初診時・37週頃より)
    子宮口の開き具合などを診察します。

上記の検査を最適な妊娠週数時期に行い安全で安定した妊娠生活をお過ごしください。

出生前診断について

出生前診断(ダウン症の検査等)をご希望の方は妊娠15~19週までに出生前相談を受診して頂いております。

出生前診断1 出生前診断2

35歳以上妊娠の場合希望があれば、当院では胎児検査(ダウン症などの染色体異常)の検査を血液検査にて調べ、必要があれば精密な羊水検査を御紹介致しております。

>>>「クアトロテスト(母体血清マーカー検査)」ページへ

また、さらに精査必要な場合胎児診断を迅速に高度医療センターに依頼しております。苛く検査は妊娠の時期によって異なり、妊娠週数により健診内容が異なりますため、詳細は、当院受診にてご相談くださいませ。

妊婦検診は全て予約制ですので初めての場合、ご来院又は電話にて予約なさってくださいませ。
産後検診は、日赤医療センター出産、また帰省分娩の方も当院で検診いたします。

その他の検査・ワクチンについて

最近妊娠中に、クラミジアや淋菌そしてHPV(ヒトパピローマウィールス)、トキソプラズマ症(猫などを介して)、特にここ数年では風疹HTLV成人TーCELL白血病などに 感染している妊婦さんが多くなっております。胎児に感染すると流産や早産そして、結膜炎や肺炎などに赤ちゃんがかかる場合があります。日頃より健診として、子宮がん検診を含むクラミジア、淋菌、HPV(ヒトパピローマウィールス)、ペットを飼っている場合はトキソプラズマなどの検診をお勧め致します。

1月より子宮頚がんワクチン解禁となり当院でも接種可能となりました。妊娠されている方は、接種をご注意くださいませ。
※当医院では、子宮頚がんワクチンは予約制にてご用意いたします。ご希望の方はお電話予約となるため、費用などをお問い合わせ下さいませ。

風疹抗体検査について

最近流行中の風疹ですが、風疹抗体検査もできれば妊娠をお考えの前に産婦人科で血液検査をいたしましょう。風疹抗体がない方は、お早めに風疹予防ワクチン接種を受けましょう。

Q&A妊娠中注意すべき食事は?

最近O-111等食中毒の問題が生じていますが、妊娠中は、初期から葉酸を取り、馬刺しやレバ刺し、レア豚肉等生ものをとることを控えて下さい。また、猫等から感染が起こるトキソプラズマ症に注意しましょう。手洗いやうがい等で清潔な食生活を心がけて下さい。