クアトロテスト(母体血清マーカー検査)

クアトロテストとは出産前検査の一つで、妊娠前半期間の母体血清マーカー検査のことです。
母体血清中4つのマーカー(AFP, uE3, hCG, Inhibin A)から、胎児に異常があるかスクリーミング検査をします。
クアトロテストはあくまでも羊水検査や画像検査をより正確なものにするための判断材料の一つであり、胎児への異常を確定する検査ではありません。

検査対象疾患について

クアトロテストにより胎児が次の疾患に罹患しているかの確率を算出します。

・ダウン症候群
・18トリソミー
・開放性神経管奇形

胎児が「ダウン症候群・18トリソミー」の疾患であるかについてより正確な判断を行うためには、
羊水染色体分析が必要となり、「開放性神経管奇形」の疾患であるかについては詳細な画像診断・羊水α-フェトプロテイン検査・羊水アセチルコリンエステラーゼ検査の実施が必要となります。

検査推奨期間

クアトロテストの検査を受ける母体の妊娠周期に推奨期間があり、
推奨期間は妊娠週数15週〜17週頃までとなっております。
21週6日まで検査を受けることは可能ですが、クアトロテストの結果次第では羊水検査を受ける必要がありますので、17週頃までに検査を受けるのが望ましいとされています。
(※15週未満、または22週以降の検査は検査結果の算出に必要な基準データベースがないので検査を受けられません。)

クアトロテストの検査費用について

クアトロテストの検査費用:32,000円(税込)